ガザにおける非人道的殺害の即時停止を求める要望書
平和を願うみなさまへ
   (転送歓迎です。)
1月19日に、駐日イスラエル大使に対して、
日本聖公会東京教区「人権委員会」および
「エルサレム教区協働委員会」両委員長名で、
ガザにおける非人道的殺害の即時停止を求める要望書
(この案内の最後に掲載)を提出いたします。

そこでお願いとご案内があります。

★宗教教派を問わず、広く皆さまの賛同(個人・団体)を求めています。
 ご賛同くださいます方は、1月19日の朝8時までに
 「お名前とご連絡先(住所・電話・アドレスなど)」を
 お知らせくださいませ。(連絡先は下に)

★当日、イスラエル大使館前で集会を行います。
 ぜひご参加くださいますよう、お願いいたします。
 1月19日(月)午後2時・イスラエル大使館前
 (千代田区二番町3 有楽町線「麹町」駅5番出口徒歩1分
  他、半蔵門駅・四ツ谷駅・市ケ谷駅下車 徒歩10分)
 メッセージボードなどは各自ご用意ください。

<賛同送付先・および当日の連絡先>
 楡原民佳(日本聖公会東京教区信徒)
  メールアドレス ctamika@boreas.dti.ne.jp
  FAX 03−3760−7535
  当日の連絡先:090−8747−2153(にれはら)
--------------<要望書は以下の通りです>-------------------
                       2009年1月19日
駐日イスラエル大使 ニシム・ベンシトリット殿

      日本聖公会東京教区
       人権委員会 委員長 打田茉莉
       エルサレム教区協働委員会 委員長 司祭 神崎雄二

    ガザにおける非人道的殺害の即時停止を求めます

 私たちは、貴国がパレスチナ自治区のガザに於いて行っている非人道的殺害行為に対し、強く抗議すると共に、その軍事行動を即時に停止する事を要求します。1月13日現在、ガザの保健省によると、パレスチナ人の死者は971人、負傷者は4,400人、爆撃のために家屋から逃げ出している人は9万人に上っています。その多くは子どもや女性、民間人であり、しかもその数は、日々増加の一途をたどっています。
 このような殺害は、もはや虐殺と言えるものであり、貴国の歴史に於いて消す事が出来ない禍根を残す事態であると認識します。歴史に於いて多大な苦難を経験してきたあなた方が、どうしてこのような事態を引き起こすことができるのでしょう。

 ハマスがカッサームロケット砲で攻撃している事を、私たちは決して容認するものではありません。しかしその背景として、60年以上に渡って行われてきた軍事占領政策、土地の収奪・追放・殺害、その上に立っての自治区への入植、壁の建設等を思わざるをえません。今回の虐殺ともいえる貴国の軍隊の行動は、稚拙な手作り砲に対する「報復」の域をはるかに超えてしまっています。それは、近代国家として、あり得ない暴挙といわねばなりません。

 このような貴国の暴挙に対し、国連はもとより、世界の人々が抗議の声を上げています。世界各地で、何万人規模の抗議の集会や平和行進が行われています。貴国内に於いても、反戦有志団「拒否する勇気」に属する数十人の兵士が、軍隊の召集を拒否し、ガザ自治地区での作戦の拒否を呼びかけています。また1月3日には、テルアビブとサクニンで、10万人規模のデモが行われた事を私たちは知っています。

 武器・弾薬によって平和は、もたらされるものではありません。大量に人を殺して貴国の安全は保障などされはしません。直ちに、一切の軍事行動を停止しなさい。そしてガザ地区の封鎖を解き、物資や人々の自由な往来を保障しなさい。特にガザへの医療品と食料の搬入、および国際人道支援団体の自由な出入りを、ただちに認めなさい。

 私たちは、「平和を実現する人々は幸いである」(マタイによる福音書5:9)というイエスキリストのみ言葉に従う者として、貴国の国民への祈りをもって、この要望書を送ります。
-------------------------------------------------------------------

以上です。
どうぞよろしくおねがいいたします。
2009年 1月 19日 (月) 提出
戻る