パレスチナに公正な平和を実現するために
あなたにもできる25の行動
ガザ 行動提案 もっとイメージを! / ガザ 行動提案(メディアに)
/ ガザのために 行動アイデアいくつか
ガザ あなたにもできる25の行動
京都の岡です。

ガザで起きていることに対して、何かしたい、でも何をしたらいいんだろう、何もできない、と思っているあなたに。
私たちにも出来る25の行動のアイデアです。

おか まり

転送・転載歓迎

**************

パレスチナに公正な平和を実現するために あなたにもできる25の行動
(抄訳 英語原文をつけると制限容量をオーヴァーするので省略します)

1)事実を入手し、それを広めよう。

2)地元メディアに発信しよう。地元紙に投稿しよう。活字メディア、音声メディア、映像メディアに、彼らの報道ぶりについて意見を書こう。

3)あなたの国の政治指導者に、攻撃を止めろとイスラエルに圧力をかけるよう要求しよう。

4)イスラエル大使館、エジプト大使館、可能なら国会前その他、目につくところでデモをしよう(メディアにも働きかけよう)。

5)ティーチ・イン、セミナー、討論会、ドキュメンタリー映画の上映会などなどを開催しよう。単刀直入に。場所を決めて、会の性格を決めて、必要なら講師を決めて。宣伝も忘れずに(インターネットが効果的だよ)。

6)パレスチナとガザについて詳細を書いたチラシを撒こう。

7)自宅の窓にパレスチナの旗を掲げよう。

8)パレスチナのスカーフ(クーフィーエ)を身につけよう。

9)喪章をつけよう(いろんな人とパレスチナについて会話するきっかけになる)

10)国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)を通してガザに直接支援をしよう。
http://www.un.org/unrwa/

11)あらゆるレベルでボイコット、投資引き上げ、制裁を行おう。イスラエル大使の送還を指導者に要求しよう。

12)イスラエルの指導者を戦犯法廷に引き出すために働きかけよう。

13)イスラエルの人々に、戦争省の前でデモをするよう呼びかけよう。もっとダイレクトに、政府に抗議するよう呼びかけよう。

14)より多くの人に声を届けよう。ご近所や友人には直接、その他大勢にはインターネットで。

15)あなた自身の活動グループを立ち上げよう。地元の既存のグループに参加してもいい。「パレスチナ」で検索すれば、すでに活動しているグループが分かるはず。

16)政府関係の事務所その他、政策決定者が集まるところで座り込みをしよう。

17)グループで平和のための1日断食をしよう。やるときは公共の場所で。

18)パレスチナに行こう。

19)パレスチナで活動に当たっている人権団体その他を支援しよう。

20)大きな立て看やポスターを作って、通りや人がたくさん集まるところに置こう。

21)地元の教会やモスク、シナゴーグ、その他宗教関係の場所を訪ねて、道義的立場に立って行動するよう要請しよう。

22)ガザのための請願書に署名しよう。
http://www.avaaz.org/en/gaza_time_for_peace/98.php?cl_tf_sign=1

23)ガザの人々にメールを送ろう、電話をかけよう。彼らは外界の声を聴きたがっている。

24)政治的見解が違うグループとも協力しよう。党派主義は戦争したがってる連中を利するだけ。

25)毎日、一定時間を平和活動のために充てよう(たとえば1時間)。このリストに挙がっている以外の行動を考えよう。

おまけとして26)ここパレスチナにいる私たちの誰でもいいから、現場で何が起きているのか、ライヴでレポートさせてもらえるよう、地元のラジオ局のトークショーやニュース記者に働きかけて。
2009年 1月 1日 (木) 投稿
ガザ 行動提案 もっとイメージを!
【転送・転載可】

京都の岡です。
行動提案です。長文ですが、読んでください。

*****************************************************

もっとイメージを! 

*****************************************************

イスラエルによるガザ攻撃を、日本のマスメディアは、ハマースの
ロケット弾攻撃に対する報復(NHKほか)、憎悪の応酬(朝日「天声人語」)と
いった「対立」に回収・矮小化しています。

それによって報道は、実際には出口のない狭い檻に閉じ込められた150万の人間たちを
世界最新鋭の兵器で無差別に殺戮しているという、圧倒的な非対称性を隠蔽して
います。

圧倒的な非対称性はそれだけではありません。イメージについても言えます。

イスラエルは外国人ジャーナリストのガザ立ち入りを認めていません。
日本のマスメディアの特派員たちは、イスラエルで取材しています。
その結果、ハマースやヒズボッラーのロケット弾で攻撃された現場から、
破壊の映像とともに、被害者の震える肉声も紹介しながら、レポートします。
戦争を支持するユダヤ系市民の声も紹介されます。

(しかし、ユダヤ系市民を中心とした1万人の反戦デモがあり、ユダヤ系
市民自身が、この戦争の欺瞞性を告発しているという声は紹介されません。)

ガザからも、間接的に入手した映像が流されますが、病院に運ばれる
負傷者の映像などが主です。
こなごなに粉砕された建物、瓦礫の山になった建物など、集中的な爆撃による
被害の実相を伝える映像、無惨に殺されている子どもたちの姿は、
マスメディアの報道では流されません。

後者はあまりに生々しいので、放送規定にひっかかるためもあるのでしょう。
アブーグレイブの虐待でもそうでしたが、被害があまりにむごたらしいがゆえに、
その実相がマスメディアでは報道されないという逆説です。

さらに、ネットではさまざまな写真が流れていますが、クレジットの問題が
したり、撮影者が不明だったりするために、マスメディア等では、
マテリアルがあっても使えない、という場合があります。

また、ガザの人々の(文字通りの)肉声も伝えられていません。

端的に言えば、マスメディアの報道は、日本の市民が、この出来事について、
具体的な「イメージ」をもつことを妨げており、イメージをめぐる非対称性は、
この事態に対する私たちの認識や受け止め方に著しく影響を与えています。

インターネット環境にあり、ガザをめぐるさまざまな情報に触れている私たちは、
ガザからの映像にも触れています。

しかし、そうでない人たち(ネット環境にいない人たち、いても、こうした
情報の流通の外にいる人たち)が、ガザについて、マスメディアが報道しない情報、
とりわけ具体的な映像に触れるチャンスはほとんど、ありません。

そこで、「私たちにできる25の行動」に以下、追加します。

「25の行動」リストの最初に、「事実を入手し、広めよう」とありました。
いま、ネットを通じて、さまざまな情報が交換され、共有されています。
それを、

1.できるかぎりネットの外でも広めよう。
2.現場の肉声・イメージ(写真)を届けよう。

「肉声」を届ける方法については、現地の人に電話でレポートしてもらって、
その肉声を集会等で紹介する、というアイデアを先日、紹介しました。
さっそく、明日10日の大阪での集会でも、そうした試みがなされる予定です。

写真については、新聞等では誰が撮影したのか分からない写真は載せられません。
でも、市民だったら、そういうことにあまり拘束されないで、ネットで入手できる写真を
共有しあうことが可能なのではないかと思います。

共有の仕方はいろいろあると思います。

1)集会等で、スクリーンに大きく映し出して見せる。
 これはお薦めです。
 とくに破壊の光景は、ラップトップのパソコンの小さなモニターで見ても、
 その被害の実相がじゅうぶん伝わりません。

2)即席写真展をする。
 ネットからダウンロードして、印刷して、拡大カラーコピーして、
 色模造紙に張って、展示する。
 展示場所さえあれば、そんなに費用もかからず、できると思います。
 場所があれば、今日、準備して、明日からできます。

「平和を考える会」のやくしげさんからの情報によると、
パレスチナのマアン通信社のサイト http://www.maanimages.com
登録と1枚につき10ドルが必要とのことですが、キャプション付きで揃っており、
クレジットも明確です。オンラインですぐにできるそうです。

ガザのアブデルワーヘド教授から送られてきた100枚以上の写真が、
以下にアップされています。
http://picasaweb.google.com/tigrimpa/wLVhCF?feat=directlink

撮影者が不明なためクレジットの問題がありますが、そこはおのおの
知恵をしぼって、クリアーしてください。


おか まり

*********************************************************
2009年 1月 9日 (金) 投稿
ガザ 行動提案(メディアに)
【転送・転載可】

京都の岡です。

今朝1月12日付け毎日新聞朝刊大阪本社版の1面に「ガザ侵攻の死者892人に」という見出しで、
ガザ関連の記事と、「世界各地に広がる各地の抗議行動」というキャプションで、大阪、フィリピン、バルセロナの写真がカラーで載っています。

ヨーロッパ各地で昨日、数万規模のデモが起きていることは述べられていませんし、
論調もためらいがちです。
事実を矮小化している側面がなきにしもあらずですが、
それでも、死者数を見出しにして、一面にカラー写真で掲載している点は一歩前進として、評価できます。

以下、行動提案です。

25の行動リストのなかにメディアに働きかけよう、というのがありました。

そこで、
1.良い報道をしているメディアには、それを称えるメッセージを送りましょう。

私たちはこういう報道を期待しているのだ、というメッセージを送りましょう。

これは、記者自身も言っています。
良いと思った記事があったら、その旨を新聞社に伝えてください、と。
読者からのポジティヴな反応があることで、上層部が反対しても、闘いやすくなるからと。

新聞自体は日米同盟の広報紙に堕していたとしても、記者のなかには、真実を報道したいと思って闘っている人もいると思います。
その人たちを応援しましょう。

2.新聞にどんどん投稿、投書しましょう。

今回のガザの問題について、読者投稿欄に意見を投稿しましょう。
また、新聞の論調や報道のあり方について、新聞社に意見を投書しましょう。

私たちの声をメディアに届け、その声をメディアに反映させましょう。
私たちの手で変えていきましょう。

おか
2009年 1月 12日 (月) 投稿
ガザのために 行動アイデアいくつか)
『転送・転載歓迎】

京都のおかです。
以下、いくつか行動提案です。

長文になりますが、読んでください。
なお、問い合わせ先など、最低限の情報しか書けなかったことを、お詫び申し上げます。


1.「レインボー」

全国で「レインボー」上映の動きが広がっています。
アースビジョンさんのご厚意で、通常、63000円(消費税込み)かかる上映料が、

今回、ガザ緊急キャンペーンということで10500円(〃)で上映できます。

上映会に参加された方が、自分たちも地元で「レインボー」を上映したい、どうしたらよいのか、と上映会主催者に問い合わせておられるのを散見いたします。

そこで上映会主催者の方にお願いです。

上映会の配布資料を作成される場合は、アースビジョンさんの連絡先と、この緊急上映キャンペーンのことを、資料のどこかに掲載していただけたら、と思います。

また、配布資料がない場合は、上映会のときに、その旨、一言、会場のみなさんに口頭でお伝えください。


2.今こそ、封鎖と占領の真実について知ろう!

とりあえず「停戦」になり、攻撃がとまっています。
しかし、根源的な問題は何一つ、解決していません。
問題の根源は、ガザの封鎖、終わらない占領にあります。

殺戮が現在進行形で続いているときは、攻撃を止めろ!と
叫ぶことを最優先せざるを得ませんでしたが、
攻撃がとまっている今だからこそ、封鎖と占領の実態について、
私たちがまず、知り、それを広めていきましょう。

人間は、このように殺されてはならないだけでなく、
ただ、生きてさえいればよい、というものでもありません。
ガザの人たちは、この1年半、完全封鎖のなかで、「これが人間か」という生を強いられてきました。
もっと言えば、この40年以上、軍事占領のもとで、その人間としての尊厳を否定されてきました。

今回のような無差別殺戮が可能になったのも、国際社会がこれらの人々を、人権の彼岸にうち捨ててきたからです。

今こそ、封鎖の実態について、占領の真実について知り、その知を私たちの怒りと行動に変えていきましょう。

以下、何点か、封鎖と占領を知るための素材です。

1)古居みずえ「現在がナクバだ」『インパクション』165号(2008年10月)

 古居みずえさんのインタビュー。
 古居さんが撮られた数々の写真とともに、完全封鎖状態におかれたガザのようすについて語っていただきました。

2)古居みずえ『封鎖された街に生きて』(2008年10月17日、NHK・BSで放映)。
 古居さんが作られたテレビ・ドキュメンタリーです。
 衛星放送だったので、ご覧になれなかった方も多いと思います。
 また、ご覧になられた方は、ほかの人たちにも見てもらいと思っておられるのではないでしょうか。

 今こそ、観たい番組だと思います。
 ご覧になった方も、ならなかった方も、NHKに地上波での再放送を要望しましょう。

 NHKの意見・要望受付FAXは03ー5453ー4000です。

 ご覧になった方は、感想など、ファクスではなしに、直接、電話でプロデューサーに伝えるといいかもしれません。

3)サラ・ロイ「ホロコーストとともに生きる」『みすず』2005年3月号(No.525)


 ホロコースト・サヴァイヴァーを両親にもつ、ユダヤ系アメリカ人研究者、サラ・ロイが、ホロコースト生還者の娘としての自身の半生を綴ったエッセイです。
そのなかに、彼女が80年代半ば、はじめて、占領下のパレスチナを訪れたとき、彼女がそこで何を感じ、どのような思想を紡いだかが、深い洞察によって書かれています。
「占領」とはいったい何なのか、その暴力の本質が、端的に、描かれています。

*ちなみに、サラ・ロイさんは2月下旬から3月頭にかけて来日されます。
 東京と京都で講演会をされる予定です。

4)「シャヒード100の命 パレスチナで生きて死ぬこと」(インパクト出版会)

 第二次インティファーダの最初の死者100名の生きた証をつづったものです。
 今回も、人間の命が、名前を奪われ、ただの数字へと還元されています。
 数字に還元されてしまった死者たちに、もう一度、名前と、命と、尊厳をとりもどさせるために企画されたものです。

ほかにもまだまだあると思いますが、とりあえず、わたくし自身が関わったものを中心にご紹介しました。
ほかにもこれを読んだらいいよ、というものがありましたら、ぜひ、情報をお寄せください。

3.今だからこそ映画を観て考えたい、「テロ」とは何か?

今回の攻撃でもハマースのロケット弾攻撃による「テロ」が、出来事の起点に据えられていました。
しかし、パレスチナ人の「テロ」はなぜ、起こるのでしょうか?
それは、彼らが「イスラム原理主義」だから、なのでしょうか?
この問題について、私たちが考えるべきさまざまな視点を提供してくれる映画をご紹介します。

1)『アルナの子どもたち』(ジュリアノ・メル=ハミース監督)
キャンプの子どもたちの情操教育に携わったユダヤ人女優アルナと、子どもたちの交流を通して、
将来の夢を語っていたジェニン難民キャンプの子どもたちが、なぜ武器をとらざるをえなかったのか、なぜ、「テロリスト」として死ななければならなかったのか、アルナの息子、ジュリアノが描きます。

【お問い合わせ】 パレスチナの子どものキャンペーン
http://ccp-ngo.jp/organization.html

2)『Women in Struggle -目線‐』(ブサイナ・ホーリー監督)
70年代初頭、爆弾テロなど武装解放闘争にかかわり、人生のもっとも美しい歳月をイスラエルの獄中で過ごしたパレスチナ人女性3名の姿を追い、何が彼女たちに武器を手にとらせたのか、あれから20年以上の歳月が過ぎて、彼女たちが今、何を思い、占領下で生きているのか、繊細に紡いだドキュメンタリー。

【お問い合わせ】連連影展 FAV
http://www.renren-fav.org/works.html

* 占領とジェンダーについて考えるためのガイドブック『Women in Struggle -目線‐ パレスチナ・占領・ジェンダーを考える』(WiSEC)もあわせてお読みください。
【お問い合わせ】 WiSEC http://mikoan.com/wis/

3)『パラダイス・ナウ』(Up Link)
占領下の街ナーブルスに生きる二人の難民の青年に、自爆作戦の任務が下る。
映画は彼らのその48時間を描く。
彼らに、「テロ」を肯わさせるものとは何なのか?

【お問い合わせ】 Up Link
http://www.uplink.co.jp/film/howto.html

*なお、Up Linkさんは、映画『プロミス』の配給会社でもあります。

4.今だからこそ聞きたいこの方たちのお話

パレスチナ問題、ガザ問題について、今だからこそ、お話をうかがいたい方々を以下にご紹介いたします。

1)奈良本英佑さん
法政大学教授。
日本パレスチナ医療協会のメンバーでもあり、同協会のニュースレターは奈良本さんが編集人をしておられます。
同ニュースレターご希望の方は、jpma at mx6.ttcn.ne.jp
著書に、『パレスチナの歴史』(明石書店、2007年)
『きみはパレスチナを知っているか』(ぽるぷ出版、1997年)などがあります。

*このような形で奈良本先生のお名前を出すことについては、ご本人の承諾を得ております。

2)藤田進さん
東京外国大学を昨年、退官されました。
アラブ近現代史、とりわけパレスチナの近現代史がご専門です。
著書に『よみがえるパレスチナ』(東京大学出版会)などがあります。

*藤田先生の承諾は得ておりませんが、昨年、退官されましたので、お時間に余裕があるのではないかと、勝手に推測しております。
(藤田先生、ごめんなさい!)
 連絡先については、「パレスチナの平和を考える会」の役重さんに連絡されるとわかると思います。
http://www.palestine-forum.org/aboutus/index.htm

3)田中好子さん、そして、パレスチナ子どものキャンペーンのスタッフのみなさん、


田中さんはパレスチナ子どものキャンペーンの代表です。
ガザにもいらしたことがあります。
今はご多忙をきわめておられると思いますが、同キャンペーンのスタッフのみなさんのなかには、
ガザで活動しておられた方々もおられます。
ぜひ、ガザがどういうところで、そこに、パレスチナの人々がどのように暮らしているのか、直接、体験されてきた方々の貴重なお話をうかがいたいです。
田中さんからも、ぜひ、その旨、宣伝してほしいと言われました。

4)太田昌国さん(現代企画室)

ラテンアメリカがご専門ですが、現代世界において生じる事象について、つねにそれを普遍的、思想的に考察しておられる太田さんの論考を、わたくし自身が支えにしています。

私たちの目の前で公然と、3週間以上にもわたって続いた、この殺戮について、太田さんがどのような思想、どのような言葉を紡がれるのか、わたくし自身、たいへん知りたいです。

長文、最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。

おか まり
2009年 1月 24日 (土) 投稿
戻る